徒然なるままに日暮し

猫と趣味の備忘録を気まぐれに綴るブログ

猫と在宅勤務の1日

2020年から始まった在宅勤務も1年半以上が経ちました。

その間、猫と同じ部屋で1日中過ごしていたのですが、仕事を邪魔されることはほとんどありませんでした。

SNSを見ると

  • PCに乗ってくる
  • 構ってほしくて鳴き続ける
  • WEB会議に参加する

などありましたが、我が家は比較的静かだったのではと思います。

 

今回は、そんな家の猫のある日の様子を紹介します。

 

猫と在宅勤務の1日

AM 5:30

早起きな猫

 

まだ日も登らない、暗い時間。

猫はどんなに早く寝ても遅く寝ても、この時間に必ず起こしに来ます。

トイレの清掃と朝ご飯の要求です。

 

飼い主は6:30に起きたかったのですが、騒がれるとご近所迷惑なので仕方なく起きます。とても眠い…。

 

AM 8:00

寝直す猫


ごはんをお腹いっぱい食べ、軽く運動もして満足した猫はちぐらで寝直しです。

 

私は二度寝できないので起きっぱなしです。

この時間は朝食や着替えをすませ、部屋の掃除をしたり朝のウォーキングに出かけたりしています。

 

AM 9:30

寝床を変える猫

 

仕事の準備をしていると、猫がちぐらから降りてきて構って要求をしてきます。

 

人間の布団で寝直し

 

満足するとそのまま人間の布団で寝直し。

午前中はこのまま布団でスヤスヤ、というパターンがほとんどです。

 

後ろで仕事に追われる飼い主はとても羨ましく感じます…。

 

PM 13:00

お昼ご飯の要求

 

私の休憩に合わせて猫も昼ご飯です。

お腹が空いているのか催促がすごい。

昼はドライフードと、水分補給のパウチを少し与えています。

 

PM 17:00

夕方

 

日が暮れてきました。仕事はまだまだ続行中。

 

夕方も寝る猫

 

猫は再びちぐらに移動して、午後中寝ていました。

 

在宅勤務が始まってから、このちぐらで寝るのがお気に入りのようです。

たぶん、オンライン通話で知らない人の声がするのが落ち着かないのでしょう。

午後は会議が多いためとくに。

 

PM 19:30

まだ寝続けます

 

夜になってもちぐらで寝っぱなしです。

仕事はまだまだ続いています。

 

PM 21:00

仕事終わりと猫

 

21時、この日の仕事が終わりました。

飼い主がPCをシャットダウンするのを察知して、猫が構って鳴きを始めます。

 

この後は猫も人間も夕ご飯を食べ、ゴロゴロしつつ遊んであげたりします。

 

PM 24:30

猫も私も就寝です。

そしてまたAM 5:30に戻る、をずーっと繰り返していた1年半でした。

代り映えがなさすぎる。

 

ペットとワンルームで勤務は少し大変

この1年生活してみて、ペットのいるワンルームでの在宅勤務は少しだけ不便だなと思いました。

音の問題
  • 知らない人間の声や会話がペットのストレスになる
  • 会議通話にペットの立てる音が入ってしまう

実際、我が家の猫はちぐらに避難するようになっていました。

会議に音が入るのは相手によっては許容してくれますが、大事な場面だったら大変です。

スペースの問題
  • ペットの毛が機材についてしまう
  • 会社の機材が壊されないかという緊張感
  • 構ってあげられなくて申し訳ない気持ちになる

会社から持ってきた機材が猫に壊されないか心配でした。高いので…!

毛がファン付近に入るのは、毎日こまめに掃除をして防ぎました。

機材の上に飛び乗った時は叱って降ろしましたが、寝ているときはどうしようもないので、何も起きないことを祈るしかなかったです。

 

たまに仕事中に構って鳴きをする時もありました。

その場合短時間だけ遊んであげましたが、忙しい時はそうもいかず、少し罪悪感を感じます。

 

2K以上の物件で、ペットを自由にさせる部屋・仕事部屋と分けられたらメリハリがついてベストだなと思いました。

 

 

つれづれ