徒然なるままに日暮し

猫と趣味と覚書を気まぐれに綴るブログ

猫フードの保存方法を見直しました

アイキャッチ-猫フードの保存方法を見直す

 

猫飼いの皆さんは猫のフードをどのように保存しているでしょうか?

 

私の家では留守番が多かったため、自動給餌機(LUSUMO)が半分ストッカーの役割をしていました。

 

今年は在宅勤務となり、自分の手でごはんをあげられるようになったため保存方法を見直し。

こちらのフードストッカーに変更しました。

 

 

なぜこのストッカーに変更したのか、ストッカーを使ってみた感想など書いていきたいと思います。

 

猫フードの保存方法を見直しました

見直しのきっかけ

LUSUMOでごはんをあげていた時、なるべく鮮度を保ちたいとの考えから残りのフードは冷蔵庫に保存していました。

こんな感じで袋のままクリップで止めて、冷蔵庫にINです。

 

猫フードin冷蔵庫

 

しかし、この保存方法の時はフードが残り少なくなるにつれて匂いが気になりました。開封したばかりの時の香ばしさがなく、少し酸っぱいような匂いです。

この匂いが強くなってくると猫も気になるのか、最後の方はフードを残すこともありました。

これはもしかすると保存方法が間違っていて、猫が不味いと感じているのでは?と思い調べることに。

 

冷蔵庫保存はフードを酸化させてしまう

調べたところ、こちらのブログにたどり着きます。

nlab.itmedia.co.jp

 

先生いわく、猫ちゃんのドライフード(いわゆるカリカリ)は冷蔵庫に入れると室温との温度差でカビが生えてしまい、食中毒の原因になるのだそうです。

またボトルやタッパー、計量カップを洗わずに使い続けていつのまにかカビが生え、動物たちの体調不良の原因になっているパターンも多いのだとか。

 

という衝撃の事実が分かりました…。

良かれと思っていた冷蔵庫保存ですが、猫フードのような乾物は逆に湿気させてしまい、状態を悪くするということです。

 

良い保存容器がないか探す

とにかく袋保存in冷蔵庫は避けなければ。そして、酸化防止には密閉容器が良いとのことから検索。

今度は下記のブログにたどり着きます。

 

cat-abc.jp

 

ここで出会ったのがOXO 保存容器です。

 

おすすめされている商品の中で、デザイン・値段・使い勝手が我が家に一番合っていると感じました。

 

OXO保存容器を使ってみて

ここからは実際に商品を使ってみた感想を、猫の様子も交えて書いていきたいと思います。

購入した容器の種類

今回私が購入したのはこちらです。

 

OXO 保存容器 プラスチック 密閉 1.6L ポップコンテナ 新タイプ レクタングル ショート

https://m.media-amazon.com/images/I/81VZrXK95LL._AC_SX569_.jpg

Amazon.com 商品ページより

 

OXOのシリーズには様々なサイズと形がありますが、我が家の猫フードである「ロイヤルカナンシリーズの500g」がぴったり入るサイズがレクタングル・ショートタイプでした。

 

保存容器が届いた

 

実際に入れた様子

 

この容器の良いところ

  • 500gサイズがぴったり入りきる
  • 透明なので残量が分かりやすい
  • フタのボタンを押すだけで密閉になる、簡単操作
  • フタ+容器部分だけなので掃除が楽
  • デザインが良い
  • 収納しやすい

 

使ってみて良いなと思った点はこちらです。

今回は一つだけの注文でしたが、人間の乾物を入れるために買い足しても良いなと思えるデザインで気に入りました。

 

こちらのようなサイズ一式セットも売られています。 

 

 

猫はというと・・・

以前よりフードの匂いの変化がなくなり気にならなくなったのか、最後まで同じペースで食べてくれています。

よかったよかった^^

 

おわりに

今回フード保存を見直したことで、お世話の仕方も定期的にアップデートした方が良いんだなと気づくことが出来ました。

「はじめての猫の飼い方」等の本には載っていない新しい情報が、世の中にはたくさんあります。

自分から情報を集めに行く事が大事ですね。

 

これからも猫が幸せに暮らせるように工夫していきたいです。

 

 

つれづれ