徒然なるままに日暮し

猫と趣味と覚書を気まぐれに綴るブログ

顔の脂肪吸引をしてみた記録⑤

顔の脂肪吸引をしてみた記録⑤

今回はダウンタイム2週間目~半年たった現在までの記録です。
検診以外は特筆すべき変化はなかったため、サクッと行きます。
 

11.ダウンタイム8日目~3週間目くらい

 
患部の様子・痛み
・内出血は徐々に消え、3週間位で目立たなくなりました。
 
・打撲痛のようなものはまだ残っています。
 
・口の痺れは変わらず。変化がなくて不安に...。
→様子見で貰った10日分の薬がなくなったため、自分で同じ成分の薬を購入。実は市販で買えます。
 
・SNSやブログで同じ症状が出た人を探しました。同じクリニックで麻痺が出た人もいたため、もしかして失敗したのではなど、どんどん不安になってしまいました...。
→ただ、2ヶ月後くらいに急に治ったという投稿を見つけ、そうなったら良いなと希望を持つことが出来ました。
 
・術後に一度スッキリした下膨れは、腫れの影響でまだもっこりとしています。それでも術前よりはシャープな印象になり効果を感じられました。
 
・術後の拘縮が始まりました。顎下、頬の下部などが押すと張ったような感じ。
→2週間目くらいからマッサージをしてほぐします。
 
その他の様子 
・外出は10日目くらいから再開。コロナの影響でマスクが出来るのは怪我の功名でした。首の内出血はストールで隠します。 
 
・手術から10日目くらいに抜糸を行いました。看護師さんにパチっと糸を切ってもらい、10分くらいで終了。
 
・口の麻痺や拘縮のマッサージについて質問などしました。
 
・このあたりの期間ちょっと気分的に鬱々としていました。
 

.1ヶ月検診

・手術をした先生に再度診察をしてもらいます。
 →感染症、癒着等心配される術後症状はなく、問題ないとのことでした。
 
・麻痺については3ヶ月~半年は様子を見てほしいと言われ、1ヶ月分の治療薬を追加でいただきました。3ヶ月後にも麻痺がある場合は再診をしてくださいと言われました。
→診察、薬は最初の料金内で対応してもらえるため無料。アフターケアがちゃんとしているところで良かったです。
 
・頬はまだ少しむくんでいますが、術前写真と比べるとシュっとしたのが分かりました。
 
・痺れている方の首筋が拘縮でぼこっとしているのが気になりましたが、マッサージを続けていれば治まっていきますとのこと。
 
・生活は口の麻痺が残る以外はほぼ元通り。
 
・内出血もほとんど目立たなくなりました。
 

13.半年後の現在

・口元の麻痺は改善し、元通り動くようになりました。本当に良かったです。
→SNSの情報の通り、2ヶ月目くらいに急に元に戻りました。
 
・手術の結果は良好。見た目がシュッとして、動画通話した家族にも痩せたね!と言われる変化が出ました。
 
・副産物かわかりませんが、何故か二重になりました。
→おそらく、頬の脂肪が復活するのが怖くて食生活をヘルシーにしたのと、拘縮をほぐすマッサージで顔のむくみが取れたのかな?と。
 
 
細かい記録はこちらで終了です。
次の記事は要点だけのまとめになります。