徒然なるままに日暮し

猫と趣味と覚書を気まぐれに綴るブログ

京都ひとりでぶらり旅行 紅葉スポットベスト5

f:id:comagome:20180909230147j:plain

ようやく猛暑の8月が終わり、涼しい秋の風を感じられるようになりました。

歩いても滝汗が出ない、体力も消耗しないようになり私も活発化してきました。秋が一番好きです。

 

この季節の楽しみといえば紅葉狩りですね。

東日本に住んでいた頃から紅葉シーズンには京都を訪れていましたが、ある程度有名な紅葉スポットは周ったと思うので、今日はその中から個人的にベストだった場所を紹介したいと思います。

なお旅行は基本一人旅です^^

 

ひとりでのんびり眺める 個人的紅葉スポットベスト5

ベスト選出の基準(あくまでも個人の感覚です)
  • とにかく綺麗。満足度が高かった場所
  • 良い写真が撮れる
  • アクセスしやすい

 

1位 永観堂

f:id:comagome:20180909230211j:plain

紅葉の名所で必ずトップ入りを果たす場所。シーズンはとにかく人が凄いのですが、訪れてわ~っと感動するのはここでした。

堂内に入るには入場料が必要ですが、参道も十分美しいです。というか正直参道が一番綺麗だったかも。

庭にある紅葉が塀の上から見えているのですが、ちょうど西日の逆光になるので、葉の色が透けて輝いてるんですよね。このような感じです。

f:id:comagome:20180909230229j:plain

しかし、参道はひっきりなしに観光のバスがやって来て危ないのと、係員さんに立ち止まらないように促されてしまうので、のんびりするならば入場したほうが良いです。

 

敷地内には池のある庭があり、絶景ポイントに備え付けられた展望台から一望できます。鳥居と紅葉っていいですね。池に写った木々も綺麗です。

f:id:comagome:20180909230250j:plain

 

景観作られた場所が多いですが、一番美しいと感じたのはお庭の一角。イチョウともみじが一緒に生育しているところです。黄色と朱の絨毯が目も覚める鮮やかさ。

f:id:comagome:20180909230304j:plain

写真には収められませんでしたが、風が吹くとイチョウの葉がはらはらと舞い落ちてさらに幻想的でした。

 

庭には茶席も立っていて、紅葉を眺めながら美味しいお抹茶やおぜんざいもいただけますよ。

 

2位 宝厳院

f:id:comagome:20180909230335j:plain

嵐山で屈指の紅葉スポット。こちらは特に観光客が多く、年々過酷な参拝になっています^^; ですが、並んで入る価値はおおいにあり。

 

緑の苔庭に真っ赤な紅葉が散る様子が美しいです。岩と紅葉、苔と紅葉といった写真の被写体にも良いモチーフが沢山あります。

庭の外もとても綺麗。古びた門塀と紅葉が趣あります。

f:id:comagome:20180909230354j:plain

 

こちらの近くには湯豆腐定食が有名なお店があります。

西山艸堂

sagatofu-morika.co.jp

紅葉を見た後はここでのんびりとランチをするのもよいかもです。一人でも入れます。

和室に丸いちゃぶ台。田舎のおばあちゃんちのような落ち着き感。

f:id:comagome:20180909230511j:plain

メニューは湯豆腐定食一種のみになります。

季節の食材を使った精進料理と、熱々のおとうふが美味しいです。ちょっと贅沢な気分を味わう事ができます。

f:id:comagome:20180909230523j:plain

ナスの田楽や湯葉のお寿司など。一口サイズがかわいらしい。

f:id:comagome:20180909230533j:plain

湯豆腐には生姜や紅葉おろしなどの薬味をつけて。他にも、湯葉の揚げ物やごま豆腐などヘルシーな小鉢が所狭しと。

 

常に並んでいるので、寄る場合は整理券を貰ってから近場の紅葉を見に行くのが良いと思います。

 

3位 天竜寺

f:id:comagome:20180909230552j:plain

こちらも嵐山で有名な紅葉スポット。

日本庭園と紅葉のコラボレーションが目玉ですが、歩いている途中の小さなお寺の紅葉が結構綺麗だったりします。肝心の庭の写真がなんとありませんでした()

夕方に行くとちょうど西日が当たって綺麗な紅葉が見れる、おすすめな撮影スポットです。

 

4位 哲学の道

f:id:comagome:20180909230629j:plain

静かな散歩道を紅葉を眺めながら歩けるスポット。来る人もそんなにいないのと、住宅街の中を通るので本当に静かです。名所・永観堂や南禅寺まで繋がっているので、1日紅葉散歩ツアーも出来たりします。

 

途中にある高そうなお店も、敷地にある紅葉は外から眺め放題。

f:id:comagome:20180909230641j:plain

 

永観堂方面の途中には猫屋敷(廃墟?)があり、沢山の猫が戯れています。猫と紅葉のツーショットなどが撮れるかもしれません^^

この時は猫の親子がおり、子猫が樹にじゃれついているのが可愛かったです。

f:id:comagome:20180909230700j:plain

 

5位 嵐山

f:id:comagome:20180909230734j:plain

渡月橋を渡った先から渓谷を歩き、竹林の道を通って天竜寺に抜けるまでの広範囲ですが、渓谷の青い水と山々の紅葉が見事な景色のスポットです。

健脚の方におすすめなコース。(といっても山道ではないです)

f:id:comagome:20180909230746j:plain

渡月橋までがとにかく凄い混みようで芋洗い状態ですが、橋の向こう側に行けばマイペースに歩けるゆとりがあります。このような開けた河原があったりして、人もまばらです。

ある程度登ったら、渡場があるので舟で反対側へ移動できます。船頭さんが見どころなどを紹介しながら送ってくれます。

f:id:comagome:20180909230811j:plain

 

私が渓谷を訪れた時は、一人岸辺で雅楽の練習をされている方がいて、渓谷に響き渡る笛の音が雅でした。はじめは観光客向けにスピーカーから流れているかと思ったのですが、まさかの生演奏。

船で聞いていた観光客からは拍手が起こっておりました。風流ですな~

 

天龍寺の竹林の方に向かう分かれ道です。

竹林と紅葉のコラボレーションは見ごたえが有ります。

f:id:comagome:20180909230823j:plain

 

 

いきなり紅葉スポットに突撃するのもありですが、条件を選ぶとより素晴らしい景色に出会える確率があがると考えています。

紅葉を楽しむコツ

時間帯でさらに美しく見える

一番美しいのはやはり午後の日差し、とりわけ夕日。

赤い葉はより燃えるような朱に、黄色い葉は黄金のように色づきます。ここぞというスポットは午後に向かうと楽しめると思います。

ただし、閉館時間に注意です。京都って観光地なのに閉まるのが早いんです。4時で結構ギリギリなので、追い出されないように余裕を持って行ってください。

 

天候で表情の違う紅葉を見る

折角の旅行、晴れるのが一番ですが曇りや雨の時も紅葉は結構楽しめます...と私は思っているのですが。

天気が悪い日は空が明るい午前中に見に行くのがおすすめです。雨に濡れた葉は深い赤色になり、黄色い葉はぼんやりと霞む風景の中で目を引きます。

ちょっとシックな紅葉を楽しみたい時は雨の日に。

f:id:comagome:20180909230908j:plain

 

寄り道してみる

時間に余裕があれば、ふと目に入った小道や階段の先にも素敵な景色があるかもしれません。

京都はそういった隠れスポットが沢山あります。

友人や団体との行動では出来ないそぞろ歩きは一人旅の魅力でもあり。気の赴くままに探検するのも楽しいですよ。足元がスニーカーのときは是非お試しください。

f:id:comagome:20180909230928j:plain

 

ベスト5はこんな感じです。どこか興味が沸くところがあれば幸いです。

今年は京都以外、奈良や三重など別の場所の紅葉も見に行ってみようと思います。

 

つれづれ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村