徒然なるままに日暮し

猫と趣味と覚書を気まぐれに綴るブログ

猫の寿命が延びるかも 腎臓病の新薬が出来る

f:id:comagome:20180413062016p:plain

猫飼いの皆さんはこの話で持ちきりだったのではないでしょうか。

 

 今日のビッグニュースです。

東レ、猫の慢性腎臓病の治療薬を開発 4月から発売

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/24/news088.html

 

 

猫の寿命は腎臓の寿命と言われるように、老猫の死因で多い慢性腎不全。

食事での予防と、なってからの対処療法が主な治療でしたが、この薬や今後出てくる結果によっては新しい治療方法が生まれるかもしれませんね。

 

Twitterで検索してみると、治療中の猫飼いさんの4月を待ち遠しく思う声と、過去に腎不全で猫を亡くした方の、あと○年早かったら・・・の声があり嬉しさと切なさを同時に感じました。

 

我が家の柚子は1歳の検査の時から腎臓の値が高いです。

ご飯を変えても値が推移していることから、生まれつき機能が弱めなのだろうと言われています。

進行を緩やかに保っても、いずれはステージがあがると思うのでこの薬も利用できたら良いな~と思います。

 

副作用や値段、病院での扱いなど、続報が待たれます。

 

 

しかし、猫の寿命が30歳まで延びることになったらすごいですね。全員猫又になるという。長生きになる分、養う人間の方も健康に気をつけてバリバリ働かないとです。

 

そして願わくば、この技術の応用で人間や犬の腎臓病薬も出てくると良いなと思います。

 

 

つれづれ

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村