徒然なるままに日暮し

猫と趣味と覚書を気まぐれに綴るブログ

シネマグラフ

 時を閉じ込める綺麗なアートのご紹介

 

 

<シネマグラフ>

シネマグラフは、写真を部分的に動かすことで、そこに注目を集める表現手法です。

時間が止まっている写真の世界で、動いている部分だけは時間が進んでいるような錯覚を覚えます。

アニメーションGIFという枯れた技術を見事に蘇らせたシネマグラフは、視線を集めるテクニックとして宣伝などで活用できそうです。

 

-google引用-

 

私はシネマグラフ画像を見るのが好きで、よく検索しています。

画像を眺めている時の不思議な感覚がクセになるからです。

 

それは、古い家の蔵の中に入った時の様な感覚。

外の音が遠のき、空気の流れもない、止まった時間の中に踏み込む感じがします。

 

こちらにはいろいろなシネマグラフが掲載されていて、ずっと眺めてしまいます。

まとめサイト1

 

まとめサイト2

 

まとめサイト3

 

ちょっと落ち着きたい時、頭がつかれた時、のんびり眺めるのがおすすめです。

 

作ってみました

今日は柚子の日向ぼっこ映像が撮れたので、それでシネマグラフを作る事にしました。

TOP画像が制作物です。

本当はループ部分が繋がると綺麗なんだけど、動物なので仕方ないですね~。

 

使用した機材
  • iPhone 5S
  • Adobe PhotoshopCS6 (以下PS)
  • AfterEffectsCS6 (以下AE)

スマホで撮影した映像をPCに取り込み、AEでループになりそうな部分だけにトリミングを行います。

上手くループ映像になったら、色調補正をかけてレトロな色合いに。

そうしたら、小さめサイズの連番png形式で出力し、Photoshopに持っていきます。

 

ここで以前は、

素材を一枚ずつ手作業でレイヤー分けをしてGIFアニメ化していたのですが、

今は便利なスクリプトが標準で入っています。

 

ファイル>スクリプト>ファイルをレイヤーとして読み込み

 

フォルダに連番画像をまとめておけば、

フォルダ選択>取り込みで順番通りに一発レイヤー化できる。超便利です。

 

そのままのレイヤー順では若い番号が上に来る為、アニメーションが逆になってしまいます。

 

レイヤーを全部選択し>レイヤー>重ね順>逆順

 

これで00から始まるアニメーションフレーム素材が出来ます。

あとは、タイムラインウィンドウを出し、フレームアニメーションとしてレイヤーを取り込み、最後はweb用に保存からGIF化すると完成です。

 

連番ファイル取り込みとレイヤー逆順機能を初めて知ったので、覚書として書いておきます。

 

つれづれ