徒然なるままに日暮し

猫と趣味と覚書を気まぐれに綴るブログ

ひとり暮らしが猫を迎えるまでのこと ②

f:id:comagome:20180818213533j:plain

www.satsukinokitan.com

①のつづきです。

 

 

柚子は、チーム命の輪 という団体さんが保護した野良猫の子供です。

親猫がTNRで保護された時に妊娠していて、出産させる運びとなったそうです。

一目見たときから特徴ある頭の模様が印象的でした。おかっぱみたいでかわいいです

 

連絡フォームにメッセージを送ると、すぐにボランティアさんから丁寧な対応が返ってきました。

 

こちらは初めての猫飼いのため、ベテランである保護主さんに飼育環境を判断してもらい譲渡の可否を決めて貰いたかったので、そのようなやりとりをしました。

 

どのようなやり取りがあったのか参考にざっくりした内容を書いておきます。

 

猫の里親になるまで

●=私 ■=団体さん

 

主なやりとりの流れ

①●里親問い合わせ

②■ペットのお家と団体独自のアンケートのお願い

③●アンケート回答・個人的な質問

④■回答・電話での説明のお願い

⑤■電話にて柚子(薫)の現在の様子、私からの様々な質問に回答頂く

⑥■お見合い日・トライアルの相談

⑦●我が家でお見合い。問題な誘うとのことで当日譲渡となる。

 

ボランティアさんはどんな人か

私がお世話になった「チーム命の輪」さんは兵庫県で活動されているボランティア団体です。

とても丁寧で親身に対応をしてくれる団体さんで、里親になってから現在までアフターフォローを頂いています。

 

まずその時は、柚子が真菌を煩っていて治療を終えてからお見合いとなる事を詳しく説明してもらいました。

また、私からの初歩的な質問(留守番中は電気を付けて置いたほうが良いのかレベルの...)にも答えて頂いたり、お見合いは当初保護主さんの御宅の予定だった所を、環境を見てもらうために我が家まで来て頂きました。

 

猫とのお見合い・ご対面

お見合い日は世話の説明を受け、こちらからお願いして部屋の環境をすみずみまでチェックしてもらいました。

ちなみに、団体側から強引に見るようなことはありません。(規約で飼育環境の確認は有ります)

丁度爪が伸びていたので、猫の爪のきり方も実演してもらいました。

 

一通り規約の確認や金銭のやりとり(ワクチン・血液検査代金など必要経費のみで、謝礼の強制などはありません)、猫の世話や病気についてのアドバイスなどを受けました。

そして最後に「初めての飼育は不安だと思いますが、猫と一緒に学んで行きましょう。

何か分からない事があったら電話・メール・LINEでどうぞ!^^」と、あたたかく背中を押して頂きました。

 

こうして我が家に柚子がやってきたのでした。

f:id:comagome:20180818181538j:plain

 

まとめ

今見てもやっぱり小さいですね~!

あっという間に大きくなったので、懐かしさを感じながら記事を書いています。

 

猫との出会いは様々なパターンがあり、私のように念入りに準備期間があってという訳には行かない人も当然いると思います。

あくまでも一例として読んでいただければ幸いです。

 

一人暮らしで猫を迎えてみたい、と迷っている人がこの辺鄙なブログに流れ着いたとき、新しいご縁が生まれれば良いなと思いつつまとめとします。

 

 

チーム命の輪さんではまだまだ里親募集中の子がいます。

少しでも縁の糸が繋がって欲しいなーと応援しております。

 

 

 

柚子の兄妹達もご縁探し中!

https://www.pet-home.jp/cats/hyogo/pn46397/

 

https://www.pet-home.jp/cats/hyogo/pn46402/

 

 

 

つれづれ

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村